カリスマ性のある社長の話

藤澤信義はJトラスト株式会社の社長で、アドアーズ株式会社の会長です。
Jトラスト株式会社はホールディング業務を行っている会社で、アドアーズ株式会社はアミューズメント施設の運営、企画、開発などを行っている会社です。
Jトラスト株式会社は海外中心の収益構造へシフトし、韓国金融事業で黒字化を達成しました。
韓国・東南アジアでの事業拡大を実践している会社で、メジャーな独立系金融グループとして黒字化という結果を残しています。
これによってインドネシア事業の黒字化、韓国での貸出金の積み上げを課題として、今後はますます躍進していきます。
アドアーズ株式会社では、アミューズメント施設の企画・開発や保有不動産、収益不動産の運用によって会社を大きくしてきてます。
藤澤信義はアドアーズ株式会社では代表取締役会長として、アミューズメント、遊戯機器および遊戯機器・部品のレンタルなどの事業に力を入れています。
藤澤信義は過去に東大医学部に進学しましたが、医者を目指さずに不動産会社に就職しました。
就任3年で社長になるというスピード出世をしましたが、企業買収を通じて金融の怖さを痛感してしまい、不動産・金融からアミューズメントへ進出したという経歴があります。