ビットコインの価値はどこで生まれているのか

ビットコインは仮想通貨と呼ばれることからも分かるように実態はありません。
通常の通貨である円やドルなどは紙幣や硬貨でやり取りされますが、仮想通貨は目に見える形では存在していない、あくまでも仮想の通貨なのです。
形もない仮想の通貨に価値なんてあるのかと疑問に感じる人もいるでしょう。
ただ、それは紙幣や硬貨でもおなじことで、極端に言えば紙幣は単なる紙切れに過ぎませんし、硬貨は単なるコインに過ぎません。
しかし、紙幣や硬貨はそれを発行する国の機関が信用の裏付けを与えていることで価値が生じているわけです。
では、国や政府機関から発行されているわけではないビットコインの価値の裏付けはどこで為されているのかというと、ブロックチェーンという帳簿に秘密があります。
ビットコインの取引はすべてブロックチェーンに記録され、そのブロックチェーンを利用者が監視することで整合性を保っています。
もし取引の内容に間違いがあれば自分の財産が減ってしまう可能性もあるわけですから、チェック体制は自ずと厳しいものになるのです。
上記のように仮想通貨は国や政府機関の裏付けがないということで利用に対して不安を感じる人もいるでしょうが、逆に言えば国や政府機関に縛られないということは真に自由な貨幣となる可能性を持っているということにもなります。
ビットコイン百科事典