将来の妊娠の為に卵子凍結をしておく

私は将来結婚をして家庭を持ち、子供を産むことが夢です。
しかし今はまだ仕事を転職したばかりで、やめることは考えておらず、お付き合いしている彼氏もまだ結婚は先にしようという考えなので結婚・出産の予定はまだまだ先です。
しかし、女性は年齢が上がると卵子も老化していってしまうので、妊娠確率が若い時と比べて下がっていってしまいます。
そこで、最近知った「卵子凍結」という方法を試してみたいと思いました。
卵子凍結とは、できるだけ若いうちに、元気で流産しにくい卵子を凍結して保存しておき、将来妊娠したい時に凍結させていた卵子を解凍し、子宮に体外受精で戻して妊娠を成立させるといった方法です。
この方法は卵子を採卵出来る年齢が決まっており、採卵できるのは40歳までで、体外受精で子宮に戻すことが出来る年齢は45歳までと日本生殖医学会で決められています。
私はまだ20代ですので、今の内にこの方法で、元気な卵子を保存しておいて将来の為に備えようと思っています。
私が住んでいる東京で不妊治療に定評のある、赤坂レディースクリニックという病院でも卵子凍結が行えるようなので、一度こちらを訪ねてみようと思います。
女性のドクターがいるので、デリケートな問題も気兼ねなく相談できそうです。

→関連ウェブサイト←