弁護士相談をすれば逸失利益の金額が大幅引き上げ

交通事故で後遺障害が残り、事故に遭う前のように仕事ができなくなったというケースでは、障害が残ってしまったことで将来にわたって失うこととなる収入を加害者に損害賠償請求することができます。
この賠償項目を、逸失利益と言います。
後遺障害というのは、怪我の治療が終わった段階で症状が固定で残りその症状に回復の見込みがない症例で認定されます。
そして、後遺障害には障害の程度や内容を示すための等級という制度があります。
等級は1~14まであり小さい数字ほど障害として重度、また1級および2級では介護が必要な状態かどうかで2ランクに分かれるので等級のランクは全部で16あります。
交通事故の後遺障害で逸失利益を請求するには、等級を基本にして計算をします。
等級ごとに労働能力の低下率が定められていて、その率と事故に遭う前のその方の年収、本来問題なく勤労するはずであった残りの期間を用いて失う収入を計算します。
つまり後遺障害として認定される等級が受け取れる賠償金の額を左右するということです。
交通事故に遭ってしまったら、早めに弁護士に相談しておくと後遺障害等級申請にあたり有利なアドバイスがもらえ安心です。
それに、弁護士に相談していれば、例えば被害者が収入のない専業主婦というケースでも弁護士専用の賃金表で収入計算をしてもらえるので、受け取れる逸失利益の金額が大幅アップすることが少なくありません。
http://baishoukin.com/ishiturieki/