故郷の支援を積極的に行う経営者

藤澤信義は、岐阜県岐阜市出身の会社経営者です。
東京大学医学部在学中に、アルバイトでアミューズメント業界で勤務したことで、大学卒業後は同業界に就職しました。
2001年6月に、後のヴィンテージとなる株式会社ビィー・ジャパンに入社し、2003年7月には同社の代表取締役社長となり、経営者としての道を歩み始めます。
2005年には一時ライブドアグループに入るものの、ライブドア事件が起きたことでライブドアグループから離脱しました。
その後は債権回収会社やアミューズメント企業の役員をいくつか兼任し、現在は子会社の経営管理を目的としたホールディング業務を行うJトラスト株式会社の代表取締役会長やアドアーズ株式会社の代表取締役会長などに就任しています。
2012年には、JリーグのFC岐阜に個人として支援を無制限に行うことを表明したことで話題となりました。
藤澤信義の故郷に恩返しする意味で、この支援は経常的に支援がされています。
それまで大口スポンサーを持たなかったFC岐阜ですが、これを機に資金を有効に活用することが出来るようになり、元日本代表の選手やスタッフを入団させることができ、一定の成果をあげました。