模範解答がない電力の契約先、各々が吟味するしかありません

電力自由化にとって、市民は良いも悪いも選択を自分でしなければいけない環境になりました。
寄らば大樹の陰で済んでいたのはこれまでの話であり、これからは各々が自分のライフスタイルに適したプランを、数多くのプランから吟味し、選び出さなければいけません。
電力の使い方や消費量はそれぞれ家庭や個人によって様々です。
そのため、これが市民全員にとって正解の契約先、というものがありません。
日中家に居る事が多いAさんの家庭には、お昼時の電気代が安く設定出来るB社のプランがベスト、といった風に個別に最適な契約先が生まれるのみであり、いわゆる模範解答は一切なく、個人個人が自分の暮らしぶりにあった新契約を模索しなければいけませんので、ある意味で苦労が増える側面が出て来ます。
また電力だけではなく、電力自由化によってお得なパッケージプランが続々と登場しました。
大手スーパーや通販サイト、携帯電話会社も自由化によって独自のプランを提供しており、自分がよく利用している企業に電力契約を切り替えれば、ただ単に電気を使うだけで通販で使えるポイントが付加されたり、既に利用している携帯電話の料金が下げられる等、独自の恩恵が受けられますので、電気代だけで比較するのではなく、ご贔屓なお店やサービスがある方は、トータルで最も生活費が下げられるプランを優先した方が適当です。