かどわきの意外なこだわりメニュー

食べることが大好きで、服やアクセサリーを買うお金があるなら美味しいものを食べた方が価値があると考えています。
そんな私がこれまでに食したこだわりを感じるメニューのトップ3に入るのが、麻布十番のかどわきのトリュフ御飯です。
はじめてこのトリュフ御飯を見た時は衝撃を感じました。
なにせ、あの高級食材のトリュフがフランス料理の一皿ではなく、お釜のご飯の上にたっぷりとかぶさっていたのですから。
そして、ふたを開けた時のなんとも言えないふくいくとした香りに食欲が全開になったのを覚えています。
シンプルでありながら、ご飯と最高に相性が良い組合せの妙に感心しながら黙々といただいたものでした。
このメニューはお店のオリジナルで、これを食べたいばかりにリピーターになった人もたくさんいるという話しには至極納得できます。
他の料理も端正で美しい盛り付けと、期待を決して裏切らない美味しさで、まさに至福の味わいです。
お酒をあまり飲めない私は個室でゆっくりと食事するのが性に合っていますが、カウンター席で料理人が腕を振るうのをお酒を飲みながら鑑賞するのも素敵だろうと思います。
これからも自分にご褒美したいときには、トリュフ御飯と決めています。